【書評】知がめぐり、人がつながる場のデザイン

Category
書評
DSCN0694

図書コーナーに置いてある本を、スタッフ目線で書評(ブックレビュー)します。興味をもたれましたら、ビジター利用(90分500円~)にお越しください。
コモンルーム中津は大阪北区のコワーキングスペース×シェアオフィス・レンタルオフィスです。フリードリンク・貸会議室あり。各種イベント・セミナー開催中。レンタルオフィス「個室」メンバー空室残りわずか!

~働く大人が学び続ける“ラーニングバー”というしくみ~
著者:東京大学准教授 中原淳

本書では、筆者がデザインした学びの場である「ラーニングバー」(組織を超えた大人のための学び場)と「それを超える何か」について、「ラーニング・プロデューサー(人々に学びや気づきをもたらす“仕掛人”)」の立場から語られています。

★ラーニングバーのポイント
・スタッフは、各自が自分なりのおもてなしを発揮する。単なるイベントではなく、学習経験を提供するという意思をもつ。
・開始までの間、ウェルカムドリンク、BGM。正面のスクリーンに「三つのお願い」・・・⑴椅子を詰めてお座り下さい⑵食べ物、飲み物をご自由にお取り下さい⑶前後左右の方と名刺交換と自己紹介をお願いします
・講師の方やスタッフも、控室ではなく参加者と同じ場に滞在する。
・ラーニングバーは⑴聞く⑵聞く⑶聞く⑷帰るではなく、⑴聞く⑵考える⑶対話する⑷気づく場である。
・対話のルール・・・⑴「私」を主語にして語る⑵経験談や主観を歓迎する⑶人はそれぞれ違って当たり前という意識を持つ⑷対話の中ではあえて判断を保留する。
主客一体の学びの場を創ろうと呼びかける。ルールや制約を設定する。
・講師のプレゼンは30分。仕事帰りの参加者も多いため、人の話をただ「覚える」のでなく、「自分の頭で考え」「対話して」「気づくこと」を目指す。
・ゆるゆるネットワーキング・・・参加者が飲食しながら、語り合い交流する。
・付箋を通してより効率的で意味のある質問を集める。
・まとめプレゼン。「モヤモヤ感」を残し、終了後も考えるように仕掛ける。
・終了後、スタッフはお酒を入れない状態で「リフレクション(内省)」を行う。

ラーニングバーは、「働く大人の学びと成長をデザインする場」から「学びに満ちた社会を作り出すこと」を目的としています。

★ラーニングバーのノウハウ
①準備を整えて参加者を待つ(支度)
②参加者がくつろげる空間を演出する(しつらえ)
③すべての人がルールを共有する(しかけ)

★スタッフの心構え
①学びの場をデザインする側が「学習者中心主義の信念」をもつこと
②「主催者がみんな楽しんでやる」こと
③「形成的評価」を忘れないこと

ラーニングバーは、まさしくビジネスパーソンが日々いる環境とは真逆です。社外の人々との対話のなかで、あらたに知が巡り、学びの連鎖が生み出されるのです。そういったものの「小さな種」に、ラーニングバーがなっていければと、筆者は考えているのです。

★「コモンルーム中津」では、各種イベント・セミナーを開催しています。
イベントのご案内はコチラ☆
イベントを主催したい方はコチラ☆

レンタルオフィス「個室」メンバー募集中!

DSCN1443のコピーDSCN1639

「コモンルーム中津」は、用途に合わせて利用方法を選べる協働オフィスです。

2F:コワーキングスペース
3F:シェアオフィス・貸会議室
4F:個室オフィス

24時間利用できる「個室」オフィスメンバー募集しています。好評につき、残室わずか!気になる方は、お早めにお問合せください。

コモンルーム中津」は、「居心地が良くて快適なスペース」と「安心・便利なサービス」を提供して、利用者さんそれぞれの「」や「目標」を達成されることを、心から応援しています。

コワーキングスペースでは、月極のメンバー利用だけでなく、予約不要の「ビジター利用」もありますよ。どなた様でも、お気軽にお越しくださいね。
●営業時間:平日9:00~20:00/土曜9:00~18:00
●ビジター利用料金:90分500円/3時間1000円/1日利用1500円