【レポート】紅茶講座~インドの紅茶入門

Category
レポート
DSCN1888

大阪北区のコワーキングスペース×シェアオフィス「コモンルーム中津」では、各種セミナーを開催しています。
今回は【紅茶ワークショップ】のレポートです。インド紅茶について、学んで、飲み比べをする、楽しくて美味しいセミナーでした。コワーキングスペースは90分500円から利用可能!

2015年4月11日に、コワーキングスペースで「紅茶講座」を開催しました。

インド紅茶~ダージリン・アッサム・ニルギリ~

一口に紅茶と言っても、生産される地域ごとに、 様々な違いのある紅茶が作られています。今回は、世界でも有数な紅茶生産国・インドにスポットを当て、 代表的なインド産の紅茶3種類(ダージリン・アッサム・ニルギリ)を比較しながら、 楽しく学んでいく講座でした。

まずは、「紅茶」について座学で学びます。
紅茶・ウーロン茶・緑茶について、茶の葉をとる「木」は同じ、です!茶葉の発酵の度合いによって、味が変わるそうです。紅茶の歴史、インドの地理、インド各地で紅茶が生産されるようになった経緯などを、楽しい雰囲気で学びます。

DSCN1880DSCN1884
フタ付き、お湯を捨てることができるカップは、紅茶のテイスティングの際に利用されるそうです。今回は、ダージリン3種類、アッサム3種類、ニルギリ2種類を、テイスティングカップで同条件で淹れて、飲み比べしました。

インド紅茶についての知識を深めたら・・・8種類を飲み比べ☆

ダージリン
右端の茶葉は、緑っぽい色で、緑茶のような風味でした。水色も、濃ければ良いというわけではなく、茶葉によって濃淡があるそうです。

アッサムは、ミルクティーに合いそうなお味です。アッサム右端の茶葉は、「CTC」と呼ばれるもの。機械で丸く固めたものだそうです。

ニルギリは、独特の香りが特徴的でした。さわやかな味で、レモンティーにも合いそうです。

DSCN1888DSCN1891
ダージリン             アッサム

DSCN1893DSCN1898
ニルギリ              講師の安江さん♪

こんなにたくさんの種類の紅茶を飲み比べできる機会は、なかなか無いので、貴重ですよね。飲み比べの後で、お気に入りの一杯を選んで、ゆっくり頂きます。
安江さんセレクトの美味しい御茶菓子も…楽しいティータイムでは、参加者同士の話もはずみます。ちなみに、写真に写っているクッキーは、飲み比べの際に口の中が渋くなるために、用意されていたものです。嬉しい心遣いです。

楽しく紅茶を学べて、味わえる、充実のセミナーでした。
今回参加できなかった方は「TeaMeeting」の日程をチェックしてみてください。

【講師プロフィール】 安江貴世
日本紅茶協会認定ティーインストラクター 日本紅茶協会認定ティーアドバイザー
1969年、兵庫県生まれ。 小学校入学時より兵庫県伊丹市在住。 “紅茶のひと”として、紅茶セミナーの講師はもとより、イベントでの紅茶提供や紅茶に関する企画の傍ら、身近に紅茶を楽しんで頂けるお茶会イベント「TeaMeeting」を開催。 また、ほぼ毎日更新のブログ http://blog.livedoor.jp/lapsang1239/ にて、紅茶よもやま話も発信中。