【書評】TEDトーク 世界最高のプレゼン術

Category
書評
DSCN2571

大阪のコワーキングスペース×シェアオフィス・レンタルオフィス『コモンルーム中津』の図書コーナーに置いている本を、スタッフ目線で書評(ブックレビュー)します。コワーキングペースのビジター利用は90分500円から、予約不要でご利用いただけます。今回は、イベント開催もしている「TED」についての本です。

著者:ジョレミー・ドノバン 訳:中西真雄美

コモンルーム中津にスタッフとして入りまして、最初のイベント参加となりましたのが「TEDプレゼン鑑賞会」でした。以後、この鑑賞会用のTED動画を数本チョイスさせてもいただいてます。スタッフ浅田です。

【なぜなにTED↓↓】
・・・T:テクノロジー、E:エンターテイメント、D:デザインを中心として、広める価値のあるアイディアを世界中で共有しようという考えのもと、様々な分野の人物による英語のプレゼンテーションを行うグループ。講演会の内容はインターネット上に無料配信しています。・・・

要するに、プレゼンテーションです。情報伝達手段の一種で、聴衆に対して情報を提示し、理解・納得を得る行為です。(ウィキペディアさんより)しかしこのTED、実際に見て思うのですが、短いものは3分くらい、長いものは優に20分を超える中、みなさん手元には読むための書類などは持たず、ダイナミックなジェスチャーなどを踏まえつつ、時には自身で映像をオペレーションしたりしつつ、観衆たちにプレゼンをしているのです。

見ていてまずそのことに感動を覚えます。かなり多くの観衆たちの前でなぜこんなにも堂々とプレゼンできるのか・・・と。

そんなわけで、こちらの本を読みつつ、その秘訣に迫れたらいいなと思います。そして!人前でも!緊張せずに自分の意見をプレゼンできるように!なる!

第一章:TEDの使命
ここではTEDというものについての説明が述べられます(上に述べたようなことですね)
そして興味深いのが「TEDの十戒」
こちら、「いやそれできたら素敵なんだけれど難しいですわ」という内容なんですが、あらゆるプレゼンに共通して心底に置いておいたら素敵だと思うので、下記に記させていただきます。プレゼンは勿論なんですが、未見の方々の前で
自己紹介するときなどにも共通して言えることですね。

(内容)
・オハコの披露にとどまることなかれ。
・大きな夢を語れ。あるいは人々の驚きを誘う新しい何かを示せ。もしくは、はじめて明かす話をしろ。
・ストーリーを語れ。
・闇に葬られたくなければ、ステージ上での売り込みはやめるべし。会社や商品、著作の宣伝をするなかれ。資金提供も請うてはならない。
・「笑いは宝」と心得よ。
(伝え方)
・好奇心と情熱を惜しみなく示せ。
・よき関係づくりと最高の議論を目的として、他の話し手の発言には自由に意見を述べるべし。
・自慢話に終始するべからず。己の弱みを隠すなかれ。成功とともに失敗を語れ。
・原稿を読むべからず。
・次の話し手の時間を奪ってはならぬ。

第二章:内容・ストーリー・構成~第12章:印象的なビジュアル効果
聴衆の心を動かすためのスピーチ作りについて、この章から入ります。

プレゼンのトピック探しから始め、かなり実践的なところに踏み込んでいきます。文章の並べ方・話の構成方法・はたまたプレゼン前のMC(紹介者・司会者)とどう繋がっているべきか、などなどなど・・・

「アイデアを伝わりやすくするためには、3語から12語の印象的なキャッチフレーズに要約する」
「オープニングは個人にまつわるパーソナル・ストーリーが良い。『なぜ』で始まるオープニングも印象的」
「五感にいきいきと訴えかけるよう表現や、実際に存在しそうなキャラクター、豊富な会話を活用すべし」
などなど・・・(箇条書きに抜け出したらなんのこっちゃいという内容ですね。気になったら本編を読もう!)
トピック探しから詳細に説明されておりますので、実際にプレゼンテーション(しかもお題が自由!いったいどうしたらいいんだ!)をする、というときにこの章を読んだら役に立つこと間違いなしです。

第13章:恐怖心を克服しよう
ここからは実際にプレゼンを行うその時に、事前にやっておくことや心構えについて。

私もスピーチコンテストで実際にスピーチをしたことがあるのですが、あの緊張よ。なぜ緊張するのか・・・・
私が思っていたのは、「自分の実力以上のものを出そうとして、現実が見れなくなり、実際の実力との差分が緊張につながる」ということです。要するに、ええかっこしいですね・・・くわばらくわばら・・・

心構えの点で、ぬおお!と思ったのが
「聴衆はみんなあなたのプレゼンがうまくいってほしいと考えている」
・・・・そうだ!そうですよ!私が人のプレゼンを聞くときはそうだもの!!!
緊張状態に走ったら、緊張している自分も聴衆たちも何が何だかわからなくなってしまい、すべてを敵のように感じて「時間よ早く過ぎろ・・・早く終れ・・・」と呪詛のように念じ続けてしまうのですが、上記のことを思い出したら少し何かが緩和されそうですね。
・・・・と、この本を読むと実際のTEDも話の構成方法ですとか、登壇者の身振り手振り、魅力的な話し方とは、などこれまでとは違う観点で見ることができるので、非常に面白いです。TEDをよく見られる方、この本を読んで新たな視点で見てみるのも良いかもしれませんね。

さてTEDTED言い続けてきましたが、10月に次回TED鑑賞会がありますよ!

コモンルーム中津では、「TEDプレゼン鑑賞会」を定期的に開催しています。

DSCN1840-2

最高峰の英語プレゼンテーション【TED動画(日本語字幕付)】を、コモンルーム中津のプロジェクターを利用して鑑賞する会です。

英語を学びたいと思っている方、TEDに興味がある方、コモンルーム中津が気になっているあなた、どなたでもご参加いただけます。
みんなで集まってTED動画を鑑賞しながら、世界最高峰レベルの英語+αを学びましょう。※鑑賞する動画は日本語字幕付きなので、英語が話せなくても全く問題ありません。

次回【TED鑑賞会】は、10/6(火)19時~21時 開催予定!
ご参加、お待ちしております!
http://cr-nakatsu.com/blog/2015/09/08/ted-25/