コワーキングスペース運営の楽しさ・大変さ・大切なこと

Category
スタッフブログ
sl__MG_0004

大阪市北区の【コモンルーム中津】は、コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスから、要望に合わせた使い方を選べる協働オフィスです。貸会議室、フリードリンク、複合機完備!梅田から1駅の「中津」駅から徒歩すぐ。コワーキングスペース運営についてのブログ記事です。

あっという間に、12月ですねー!すっかり寒くなりましたね。
コモンルーム中津では、畳コーナーのこたつが人気です。
コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー Advent Calendar 2015に参加しています。日本全国のいろいろなコワーキングスペースの運営者が、リレー形式でブログを書いています。良かったら、他の記事も見てみてくださいね。

コワーキングスペース運営のアレコレについて、書いてみたいと思います。

コモンルーム中津のこれまで

コモンルーム中津』は、大阪市中津に2013年9月にオープンしました。
当初は、2階:コワーキングスペース3階:シェアオフィスの2フロアでスタートしました。開業当初の半年ほどの間は、「コワーキング」の認知度もまだまだ低く、スペースの奥の方にポツポツ人がいるような日々で、閑散としていました…。少しでも利用しやすくするために、ビジター利用は予約不要でワンコイン500円から利用できるようにしたり、イベントを自主企画したり、思いつく限りの色々な取組みにチャレンジしました。その後、月に5~10名ほどのペースで徐々に月メンバーが増えて、オープン1周年の頃に増床が決まりました。月メンバーから要望のあった、カギがかかって24時間利用できる個室を、4階・5階に増床オープンしました。開業から約2年3ヶ月が経ったいま、おかげ様で、たくさんの月メンバーや利用者が集まる、にぎやかなコワーキングスペースとなっています。

★これからスペース運営をしたい人に向けて、最低限考慮するポイント等について書いたブログは、こちらをご覧ください↓↓↓
コワーキングスペースの運営を考える人へ

SONY DSCDSCN2960-2
↑オープン初期の頃         ↑2周年の頃

スペース運営の楽しさ・大変さ

  • たくさんの人との出会いがある
  • 夢や目標を達成する人たちを、身近で見ることができる

スペース運営の楽しい点として、まずは、さまざまな人と出会い、知見が広まることが挙げられます。世の中には、こんなに色んな職種・考え方の人がいるのかー、と、今でも日々感じています。バーやカフェとも共通するかもしれませんが、スペースには、特有の「空気感」のようなものがありますよね。同じ場に集まる人達は、不思議と興味や感性が合っていることが多く、気の合う仲間が見つかりやすいと感じています。メンバー同士で、名刺やWebサイトのデザインを受発注したり、Webショップの物を購入したり、メンターのような感じで仕事のアドバイスをしたり、ということが、日常のなかで自然と発生しています。
フリーランスで1人で仕事をしていると、精神的に不安定になったり、悩み続けてしまったりすることも多いようです。コワーキングスペースに来はじめてから、元気になって、自分がやりたいことを見つけて、事業が順調に軌道に乗って、スタッフ増員してと順調にされているメンバーがいます。転職に成功した、受験に合格した、・・・そんな成功の様子を、すぐ近くで見ることができることは、運営者として、とても嬉しいことです。

  • お金のこと(収益が安定しにくい、初期コストがかかる、場所が必要、光熱費などランニングコスト・・・)
  • 予想外の出来事が次々と起きる(ルールの決め方、スタッフとの情報共有をどうするか、協働の和を乱す人が来るかもしれない・・・)

逆に、大変なことは、まずは収支(お金)のことが挙げられるでしょう。スペースを維持していくには、収益や経費のことも考えていく必要があります。また、特にオープン直後は、想定外の出来事がいろいろ起こります。その時の対応にも、苦労することがあるでしょう。コモンルーム中津の場合、不動産会社が運営しているので、個人の独断で決めると責任をとれなくなって困るようなことも起こったり。ひとつひとつ、解決していくしかないのですが、バタバタと時間が過ぎてしまう日もありました。

コワーキングスペース運営に向いている人

  • 面倒見が良い人
  • 初対面でもコミュニケーションをとれる人
  • 貸しスペースを良い立地に持っている人
  • ウェブやITに詳しい人

コモンルーム中津のスタッフは、中村店長・寺西という正反対の2人と、個性的なアルバイトさん2人で構成されています。中村店長は、もともと中古自転車店の店長として、スペースの経営を得意としてくれています。寺西は、ママ会社員として、建築・設計を専門としていました。いろいろな職種・考え方の人が集まるスペースなので、正反対のタイプのスタッフがいることも、良い意味で役立っていると思います。できるだけ、スタッフとメンバーの距離を近くしたいので、アルバイトさんの人数は少なめにして、コミュニケーションをとりやすいようにしています。

コワーキングスペース運営において、大切なこと

  • 利用者同士がフェアに利用できるように
  • こちらの工夫でできる改善は、なるべく実行する。
  • メンバー同士の雰囲気が悪くならないように。

多くの人が気持ちよくスペースを利用できるように、コモンルーム中津では、このようなことが大切だと考えています。一番大切なことは「スタッフ自身が楽しみながらスペース運営をすること」だと思ってます。

コモンルーム中津コワーキングスペースは、予約不要でワンコイン500円からビジター利用できます。運営者の皆様も、どうぞお気軽にお越しくださいね。

以上、寺西が考える「コワーキングスペース運営の楽しさ・大変さ・大切なこと」でした。

コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー、明日12月2日は、池袋コワーキングスペース OpenOffice FOREST【フォレスト】 の山内さんです。オシャレで居心地の良さそうなスペースですね♪よろしくお願いいたします。