【書評】働く女の仕事のルール

Category
書評
働く女の仕事のルール

大阪のコワーキングスペース×シェアオフィス・レンタルオフィス『コモンルーム中津』の図書コーナーに置いている本を、スタッフ目線で書評(ブックレビュー)します。今回は「働く女の仕事のルール」です。フリードリンク付きのビジター利用は500円から!ブックカフェとしてもご利用ください。

人にも時代にも振りまわされない―
『働く女(ひと)の仕事のルール』
貧困と孤独の不安が消える働き方

著者:有川真由美
——————————————-

スタッフ中道、初「書評」に挑む。

本は普段から読むのは好きなんですが、
(ビジネス本とか自己啓発系が好きです)

「書評」というものは書いたことがありませんでした。

でも今回初「書評」を書くことになり、
アウトプットを意識して読むとさらに自分の理解度が深まることを実感!

これからも本を読むときは「アウトプット(ブログに書く・人に話すなど)」を意識して読んでいこうと思います。

さて、今回読んだ本は
「働く女の仕事のルール」

まさに働き方を変えたばかりの私にとってはすごく為になりそうな本なので興味津々で読みました*

会社員を辞めて、起業への道にシフトチェンジ!
そんな「働く女、中道」目線で書いてみたいと思いますー♪

働く女の仕事のルール

【内容】

目録はざっとこんな感じ。

————————————-
第1章 人生の目的
働く意味を考える

第2章 働き方をシフトする
逆転するための戦略を立てる

第3章 スペシャリストの道
自分の軸をもつことが出発点

第4章 貧困にならない生き方
もっと稼げる自分になるには

第5章 お金の使い方
女が豊かに暮らしていくということ

第6章 社会とつながる
ひとりぼっちの恐怖に負けるな
————————————-

「あなたは、なんのために働いていますか?」

この問いから、この本は始まります。

んー普段、こんなこと考えないですよねー。

生活のため?家族のため?夢実現のため?
普段考えないからこそ、この本が良いきっかけになるはずです。

この本は読むにつれて、

その働く意味・目的についてどんどん深く考えさせられます。
読みながら、考えながら、読み進める本ですね!

読んだ後は、「仕事の捉え方」が変わり、

嫌いだった仕事も見方が変わるかもしれない。
仕事の仕方を見直す機会になるかもしれない。
新しいことに挑戦したくなるかもしれない。

そんな本です。

 

著者の想いとしては
「働き方を変えたら、明日からの人生が変わる。」

このメッセージを伝えたい想いが強いように感じました!

著者自身、「仕事」によって大きく影響受けたのだろうと感じられるエピソードが盛り沢山。

だからこそ著者の言葉は読み手に響くと思います。

著者はきっと仕事が大好きなんだろうなぁ。

第1章で、「働く意味、人生の目的」について考えて、
第2〜5章は、その考えた「人生の目的」を実現していくための内容といった感じ。

具体的にどんな実現方法があるか、
またお金との向き合い方、人との向き合い方などもすぐ実行できるような内容で書かれています。

きっと明日からの仕事への意識が変わるはず。

私も自分の「仕事」について
一度じっくり考える良い機会になりました。

 

【読んでみての感想】

私は、この本を読んで「強い女性の生き方」を感じました。

私は昨年より起業という働き方に興味を持ち、
「仕事」に対する考え方が大きく変わりました。

女性も働くことが当たり前になりましたが、
男性と同じ働き方では、なかなか「続ける」ということが難しい。

結婚・出産・育児など仕事だけに集中できないのが現実。

それでも「働きたい女性」が増えるのは、もちろん生活のためなどもあるかもしれないけど、

自分の役立てる場所が欲しい。人と繋がる場所が欲しい。

そんな想いがあるように思います。

女性だからこその働き方は、今後どんどん求められていくと思いますし、増えると思っています。

女性のように「横の繋がり」を大切にする特性は今後、仕事上でも大事にされ、
個人同士のつながりでチームのような働き方になっていくんじゃないかと思います。

 

今後は会社としてではなく、1人1人の力や個性が求められてくる。

そのためにもこの本にあるように、自分の「人生の目的」を達成する仕事を見つけておきたい。

「働き方」というか『仕事の捉え方』は、
本当に人生に影響「大!」だと思います!!

私も「仕事」が「幸せになる手段、自己実現のための手段」になってから
仕事が楽しくなって、どんどん夢が広がっていきました。

起業だけでなく、働く全ての人が「仕事」で幸せになってほしいと思います。

building-1080592_1280

 

【こんな人におすすめ*】

・今の仕事が楽しくないよ~

・生活のために働いている・・・

・仕事が好きじゃない><

・仕事ばっかりしてる。疲。

・仕事に追われている・・・

・自分に合った仕事を知りたい!

・今のまま、この仕事を続けていていいか不安

office-620817_1280

 

この本で、仕事の「捉え方」や「楽しみ方」が変わって、
受動的な働き方から、能動的な働き方になれると思います。

タイトルには「働く女」とありますが、
この本は女性に限らず、「働く人」にとっては考えさせられる本だと思います。

タイトルも「働く女(ヒト)」と読み仮名をつけているのは、女性に限らない内容だからなのかもしれません。

 

表紙の写真よく見たら「リアル”うさぎとカメ”」なんですよねー。
特に本には出てこなかったけど、なんか意味あるのかな笑

DSCN38021-300x225

カメのように自分のペースで、働いていけたらいいですね♪

 

と、うまいことまとめてみました笑

またいろんな本の「書評」書いていきたいと思います^^

 

評者
コモンルーム中津スタッフ 中道愛美

 

コモンルーム中津・・・ブックカフェとしてもおススメ♪

コモンルーム中津

今回紹介した本もコモンルーム中津の本棚にありますので、
是非読んでみてください♪

コモンルーム中津は、自由に読める本がたくさんあります。
ブックカフェ的な利用もできますよ*

スタッフによるその他の書評はこちら