【レポート】6/27(月) ぺちゃくちゃおしゃべりしながらアートを観る会 vol.7 〜梅雨の季節にゆらりと

Category
レポート
160628_no2

大阪市北区のコワーキングスペース×シェアオフィス・レンタルオフィス「コモンルーム中津」では、各種イベント・セミナーを開催しています。6/27(月)に開催したぺちゃくちゃおしゃべりしながらアートを観る会♪vol.7のレポートです。Vol.7では新たな段階に入るべく、ただ一緒に楽しく作品を見るだけではなく、新しい実験もしました。

コワーキングスペースでアートを観よう♪

スタッフの谷口です。

開催があと1週間と迫ったある日。
Facebookの投稿でこんなことを書きました。

「Vol.6くらいからちょこっと実験をし始めています。そのときの実験は、一旦解説を挟んでから作品を見直して、何か…感じることは変わったのか…?と話しを重ねました。

Vol.7では別の実験をしようかと思っています。最近、谷口は物事に接したときに、まず身体の反応が先に起こり、反応を見た脳が今までの経験などからどの感情なのかを結びつけている…ということを知り、体感しています。

ということで作品に接したときに、感情が起こる前の身体の反応を丁寧に探り、どんな感情が起きているのかを一緒に探求しようと思います」

感情が生まれるときにこんなフロー(流れ)だと、私は現状理解しています。

物事と接する 物事を自分が受け取る身体が反応する(例えば身体が強ばったり、熱くなったり…) 脳が今までの経験からどの感情が当てはまるのか判断する  感情を自覚する

160628_no2 160628_no1

「感情を自覚する」ことの前にこれだけ段階があります。ということは…。

身体の反応自体に気がつかないことも、タイムラグが生じることも、今までの経験からどの感情にも当てはまらないも、感情が自覚できても今までの経験とは異なることも、自然なことではないのか…と思っています。

Vol.7の実験は感情が起きる前のこれらのフローのうち、

「物事を自分が受け取る  身体が反応する」に焦点をあてることを試します。

と、まぁ真面目なことも書きましたが…今回もあります!
ここは外せない夜のオヤツ!

160628_no3

冷やしみたらしと黒みつだんごです。姫路市に本店のある「甘音屋」の商品たち。

詳細はこちら:http://www.kamada-amaneya.com

今回はたまたま立ち寄った際に、阪急百貨店に期間限定出店されていたので購入することができました。

冷やしみたらしを選んだのは、「みたらし」の語源が下鴨神社の御手洗池ということで、に由来しているから。

今回のオヤツは食べた途端、女子たちの歓声が上がりました!ここまで歓声や反応が強かったオヤツは今まであまりなかった印象です。

しかも、今回、参加してくださったメンバーの方が、

「あの…ラスクを作ってきたんです…」と持ってきてくださいました〜〜〜!

バゲッドにホワイトチョコがけ、そしてシナモン、ダメ押しにピスタチオ。

イベントが始まる前に参加者を差し置いて、シナモン好きの谷口が我慢しきれずパクリ!しかも…写真を撮る前に…そのため、写真はありません(苦笑)

 

感情やそこで語られたお話はとても繊細なところもありますので、アートを観る会だけのお話に。

オヤツを出す前と、後とで、場が一気に変わるという……偉大なるオヤツパワーです(笑)

当の熱く語った実験は……目下、一人振り返り中(笑)

何となく辿り着きたい方向への萌芽は見て取れたので、少しずつやり方を模索しようと思います。

参加者の皆さま、ありがとうございました!