4/10(月)「Future Way of Working —コモンルーム中津から未来の働き方を模索する」Vol.2 〜Teal型組織を考えてみる

Category
イベント
170411_広報

大阪市北区のコワーキングスペース×シェアオフィス「コモンルーム中津」は、90分500円から予約不要でビジター利用できます。中津駅・梅田駅が徒歩圏の好立地!貸会議室・セミナー会場をお探しの方にもお勧めです。4/10(月)18:00から「Future Way of Working —コモンルーム中津から未来の働き方を模索する Vol.2 〜Teal型組織を考えてみる」を開催します!

*………………*
時 間】18:00-21:00  ※当日はゆっくりとお話しできる時間を大切にします。
【場 所】コモンルーム中津2階
【参加費】1500円/メンバー1000円(ちょっとしたおやつ付き)
【定 員】8名程度
【参加受付】Facebookのイベントページより参加ボタンで承ります。Facebookのアカウントをお持ちでない方はこちらのお問い合わせフォームよりお申し込みくださいませ。

*………………*

「働き方を考えることは、生き方を考えること」

【趣 旨】
「Future Way of Working —コモンルーム中津から未来の働き方を模索する」は、「働き方」を共に考え、共に探求をしていく場です。Vol.2のテーマは「Teal型組織を考えてみる」。NPO法人場とつながりラボhome’s viの代表・嘉村賢州さんをお迎えし、嘉村さんとともに考えます。なお当日は嘉村さんにTeal型組織とは?のお話しをして頂いたのち、参加者が気になったところや聞いてみたいところを中心に話しを深めたいと思います。
~~~~~~~~
「Future Way of Working」を企画するにあたり一つどうしてもテーマとして考えたいことがありました。それが「Teal型組織」です。簡単に説明すると、新しい組織の概念です。ピラミッド型の組織図とは異なり、信頼で結びつき進化や目的に沿って動くサークル型の組織。

Teal型組織との出会いは遡ること2016年10月でした。
2015年よりミーティングやワークショップなど参加者の場への参加や発言を促したり、交通整理をしたり、ときに人の心に寄り添う「ファシリテーション」について本腰をいれて探求し始めています。自分も相手も在りやすい場づくりやファシリテーションを探求中に、ふとある問いが浮かびました。

ミーティングやワークショップなど、時間に制限をかけられた場だけの考え方ではないのでは?

そこから時間制限を取っ払って、日常に範囲を拡げてファシリテーションについて考え、実践をしはじめました。そこで一つの挑戦の場として選んだのがコモンルーム中津。ひっそりと、アルバイトスタッフ間のチームビルディング(仲間が思いを一つにして、ゴールに進む組織づくり)に取り込んでいます。

さて話しは戻ります。
2016年10月に計3回、嘉村さんより海外カンファレンスの現地報告会に参加したファシリテーター仲間が上げてくださったレポートがきっかけで、そこで初めてTeal型組織の名前を知りました。レポートがNPO法人場とつながりラボhome’s vi のHPにも掲載されています。

詳細:http://www.homes-vi.com/teal/

それ以降に嘉村さんのお話を聞く機会が何度かあり、私がしている挑戦とTeal型の組織のあり方がリンクしているように感じています。また自分自身にも、また広くは社会的にも、働き方を変えるような組織の可能性を感じています。この場を通し、未来に向けて自分がどういう働き方を選択していくか……見つめることができたらと思います。

【話題提供】嘉村 賢州(Kenshu Kamura)
NPO法人場とつながりラボhome’s vi 代表理事
小集団から大規模組織にいたるまで人が集うときに生まれる対立・しがらみを化学反応に変えるための知恵を研究・実践している。研究領域は紛争解決の技術、心理学、脳科学、先住民の教えなどなど。実践現場はまちづくりや教育といった非営利分野から組織開発やイノベーション支援といった営利組織など分野を問わず展開している。自分の幸せと社会の幸せの両立を大事にしており、2015年に1年間、自分の人生を見つめ、世界の今を感じるサバティカル休暇を満喫取得。休暇終了後は「世界を未来に導く新しい日本型組織論」を発明しようと企んでいる。京大農学部卒。京都市未来まちづくり100人委員会元運営事務局長。コクリ!プロジェクトディレクター(研究・実証実験)

【企 画】谷口 彩(Aya Taniguchi)
アートマネージャー、ワークショップデザイナー、ファシリテーター
2010年よりニューヨーク近代美術館にて開発された対話型鑑賞法のヴィジュアル・シンキング・ストラベジーを学んだことをきっかけに、ファシリテーションを学びはじめる。2010年に大阪大学にてワークショップデザイナー育成プログラムを修了。ワークショップの構成方法からファシリテーションまでを学ぶ。2013年には特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構認定ワークショップデザイナーを取得。2016 年4月より日本ファシリテーション協会会員。近年は「主体的なグループ作り」「学び合い」「柵を解く」ことに焦点をあてて活動。