7/24(月)コワーキングスペースから、未来の働き方を考える会 Vol.1〜自分にとって、居心地の良いコワーキングスペースとは?

Category
イベント
170111_no2

大阪市北区にあり梅田・茶屋町エリアからも徒歩圏内のコワーキングスペースとシェアオフィス・レンタルオフィス「コモンルーム中津」。週に1回程度、各種イベントやセミナーを企画・開催しています!7/24(月)に「コワーキングスペースから、未来の働き方を考える会 Vol.1〜自分にとって、居心地の良いコワーキングスペースとは?」を開催します!

*…………………*
【時 間】18:00〜21:00 
【場 所】コモンルーム中津2階
【参加費】一般 1500円/メンバー 1000円
【定 員】8名程度
【参加受付】Facebookイベントページより参加予定ボタンを押してください。アカウントをお持ちでない方はお問い合わせフォームより申込ください。
*…………………*

「コワーキング」が気になっている人、一緒に語りましょう♡

【概 要】
コワーキングスペースという場を端に発して未来の仕事や働き方、引いてはそれぞれの生き方の可能性を探る会です。少人数でゆるっとお話しする場です。運営している方に、今から運営を考えているという方長期間の利用している方ごくたまにノマドをされているという方使用検討中の方今回はじめて来るという方。気になった方、すべて大歓迎です♬

なお、現在開催をしている「Future way of Working」は世の中の流れを踏まえて企業や団体を問わず、働き方についての課題全般を考えることを目的に対して、「コワーキングスペースから、未来の働き方を考える会」はあくまでコワーキングスペースという場を起点に、スペースや働き方についての可能性を探ることが目的です。
*…………………*
スタッフの谷口です。
「コワーキング」という言葉、「コワーキングスペース」との出会いはスタッフとして入ってからでした。
そもそも、スタッフとして入ってからも……。

なんだ?このスペース?コワーキングって何…?

15590626_817804031692915_8071517985015669616_n

と心の奥で思っておりました。いや、今もかな(笑)
志望理由は、面接時に受かりたいので色々と言葉を並べましたが……。
実のところ「勘」なのでお許しください(笑)

さて、コワーキングって一体何を意味する言葉なのか……?
coworkingが使用されはじめたのは1990年代後半のこと。2000年代になるとITの発達によりどこでも仕事ができる環境が整い始め、特定の職場に通わなくても仕事ができるようになってきました。しかしカフェや自宅などで仕事をすると徐々に他者との接触も減り始めることにより、孤立感や不安に感じるという問題解決として「コワーキングスペース」という場が誕生し、現在世界各国に拡がっています。

2010年代から日本の研究機関でも調査・研究がされております。そのお一人、北海道大学の宇田先生は、「働く個人がある場に集い、コミュニケーションを通じて情報や知恵を共有し、状況に応じて協同しながら価値を創出していく働き方」と定義されております。日本で、コワーキングスペースが誕生したのは2010年。兵庫県神戸市で誕生した「カフーツ」から始まりました。

「コワーキング」って…一体なんだ…?

…とまあ、色々と「どんな意味?」ということ、そして「場の誕生」について触れてきましたが…。

コワーキングって…。
コワーキングスペースって…。

正直、いまいちよく分からない

言葉の意味は分かる。
もちろんスタッフなので、設備や仕組みも十分に分かる。でも………。

場をつくるだけでいいん?
場に集うだけで協働って生まれるん?
孤立感とか、不安感って、スペースに行くとほんまにないん?
協同って何?
組織だったり、フリーだったり、どうやって仕事するん?
いや、そもそも、コワーキングスペースって楽しいん?

色んな人と、一緒にコワーキングって…コワーキングスペースって…ということを考えて、一緒に未来の働き方、未来の働く場を考えることができたらと思います。

【話題提供】原口 かな(Kana Haragichi)
大学卒業後、2000年に広告制作会社へ入社し、DTPとして10年勤務。 同じ業種での転職後7年目で営業所閉鎖のため退職。 退職後は個人で広告制作の仕事を請け負い現在に至る。 コワーキングスペースの存在のおかげで、引き受けた仕事によって旅行をキャンセルしなくてもよくなり、結果最近はふらふらとしながら仕事をこなす日々を送っている。

【企画】谷口 彩(Aya Taniguchi)
コモンルーム中津のスタッフ。
アートマネージャー、ワークショップデザイナー、ファシリテーター。
2年半前、私の所属している某団体の元代表がFacebookでスタッフ募集の投稿。「アートの世界に引きこもっていたらアカン!外の世界を見な!」という動機と、野生の勘が働いて応募。無事にコモンルーム中津のスタッフに。そもそもの探求することが大好きな気質と、翼を持った自由人の気質が上手くハマったためか、ノビノビと働いている。