【レポート】7/10(月)Future Way of Working —コモンルーム中津から未来の働き方を模索する Vol.3〜自分の特質にあう働き方を考えてみる

Category
レポート
170710_no1

地下鉄中津駅や阪急梅田駅からもほど近い大阪市北区のコワーキングスペース「コモンルーム中津」にて「Future Way of Working—コモンルーム中津から未来の働き方を模索する Vol.3〜自分の特質にあう働き方を考えてみる」を開催しました!ご参加くださいました皆様、筌場さん、ありがとうございました♬

Future Way of Working Vol.3を開催しました!

7/10(月)に開催しました♬
筌場さんと「どんな場にする?」という打ち合わせを重ねていくなかで…。

和菓子と暖かい飲み物で、ほっこりと話すイメージ!

という希望とイメージが出たので…今回の夜のおやつは…夏らしい和菓子の黒糖わらび餅♡
阪○百貨店のスイーツ売り場で何にしよう?何にしよう?と右往左往しているなかで見つけた一品♡
暖かい飲み物は…熊本県津奈木町のほうじ茶♡
津奈木町のご紹介をすると、ゆったりとした空気の流れる地域です。

170714_no1
以前からどうじても訪れたかった美術館があり、念願叶って訪ねることができた地なのです。
佐賀県嬉野市や鹿児島県南九州市など、九州は美味しいお茶の生産地がいっぱい。
津奈木町もその一つです。
このほうじ茶は私が6月中頃に津奈木町を訪問したときに、直売所で発見をした一品♡
有機栽培のお茶なのです。

170710_no2

さて、今回は…?

今回は2名の方と筌場さん、私で…キャピキャピとひたすらに話しておりました(笑)
3時間…話しっぱなし(笑)
良く、止まらなかった(笑)

170710_no1

なぜ「特質」という言葉を使っているのか?

やはり、この言葉が不思議だったようです。
一般的に良く使われている言葉は「特性」なので…。ここで、私が使用している「特質」とは、認識されている発達障害やLGBTQ、そしてまだ認識されていないものなどを含めた、その人自身が持っている「質」のことです。

「特性」を使用しなかったのは、私が最近感じていた違和感が絡んできます。
「性(さが)」、その人のそもそも持っている生まれつきなのかな…?
人は刻々と変化をしているのではないか?
自分だって味覚や感覚が日々変化をしているのではないか…と。

私は味覚で日々変わるなと思うことが多いのですが…昔はそば湯がどうしても美味しいと思えず飲めなかったのに、今は特定のお店であれば飲めるようになったり。野沢菜がめっちゃ好きやったのに、急に食べられなくなったり。そう思うとそれは「性(さが)」なのかという疑問が強く思うようになり、「特質」という言葉に置き換えました。

お話しの内容が、非常に繊細でしたので、中身はその場を共にした人だけの心の中に…。

それぞれの想い。
それぞれの現状。
それぞれの立場。

今回は様々な立場、様々な現場で、日々寄り添っている、向き合っている方々のお話を伺えました。

ありがとうございました♡