「コワーキングスペース」と「シェアオフィス」の違いとは?

Category
スタッフブログ
0C4A1601

大阪市北区の【コモンルーム中津】は、コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスから、要望に合わせた使い方を選べる協働オフィスです。代表の寺西が、コワーキングスペースの特長や、運営で大切にしていることについて書きました。

コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー Advent Calendar 2017に参加しています。ご近所の大阪十三にある素敵なコワーキングスペースJUSO Coworkingの深沢さんからバトンを受け取りました。

コワーキングの価値とは?

今年の9月頃、「コワーキングスペース」と「シェアオフィス」の違いについて、業界でちょっとした議論が湧き上がりました。その時にはそっと横目で見ていたのですが、ここで改めてブログに書いてみようと思います。コワーキングスペースに求められている価値とは、どのようなものなのでしょうか。

ところで、コワーキング(co-working)の元となるWorkという言葉。日本語に直訳すると「仕事」「はたらく」になりそうですが、Weblio辞書によると、以下のような意味合いです。

(ある目的をもって努力して行なう)仕事,労働,作業; 努力,勉強,研究 (⇔play)

仕事だけでなく、ある目的をもって行う勉強や研究や打合せも含まれ、逆に、何ということは無い雑談やネットサーフィンは含まれないと考えられます。インターネットを使えるカフェ等との違いは、この辺りにありそうです。

ところで、コワーキングの場となるコワーキングスペースについては、シェアオフィスと見た目での違いはあまり無いと思っています。もちろん、交流の仕掛けとなるようなデスクの配置や、掲示板の有無、イベントの開催など、よく観察すれば、違う傾向は見つけられるかもしれません。ただし、見た目だけではよく分かりません。提供して居る場(ハコ)では判断できないと言えます。それは、サービスの【ハード面/ソフト面】の違いであり、レイヤーが異なる観点であるからです。

HSコモンルーム中津2

「コワーキングスペースとシェアオフィスの違い」について、一般的にコミュニティの存在の有無と言われています。そこに何があるのか(設備や空間)ではなく、そこでどんなコトが起こるか。利用する個人同士の間に、何らかの形で良い関わり合いが発生しているスペースであることが、コワーキングスペースの特長です。ただ横に座って仕事をしているだけではなく、挨拶や世間話があり、時には一緒にご飯を食べたり、プライベートなことや仕事の話をしあえる間柄であること。そこでしか得られないような良質な人のつながりが確かにある場所だということが、コワーキングスペースの存在意義だといえます。

古き良きコワーキングスペースでは大抵、スペースの顔になるような名物運営者さんが居ます。シェアオフィスとコワーキングスペース、両者の違いを明確に見分けることは難しいわけですが、一度その場に身を置いてみると感じ取れる空気感があるはずです。シェアオフィスではなく、コワーキングスペースで得られるもの。それは、体験であり、目には見えないワークスタイルなのだと、私は考えています。

0C4A1657

良質な人のつながりを維持すること

コワーキングスペースの運営について、良質なコミュニティの維持がとても大切なのですが、それは、なかなか手間暇かかるものです。変化の時代、人のワークスタイルやキャリアは変わり続けています。したがって、コワーキングスペースも共に変容し続けることになります。運営者は、どんなスペースにしたいのか、日々探究し続けることが求められます。造りっぱなしではダメですね。

コモンルーム中津では、今や月極メンバーの人数が130名を超えているので、運営者だけでなく、スタッフや利用者同志のつながりも縦横無尽に生まれてきています。おかげ様で9月で4周年を迎えることができました。オープン当初からの利用者さんが、そのままの使い方をしている場合もありますが、好調に事業を拡大し、コワーキングスペースから出られるケースもたくさんあります。

コモンルーム中津の開設前に、あるコワーキングスペース関係者の方から「コミュニティは2年で腐るのだ」ということを聞きました。運営者にとってはドッキリするような響きがありますが、変化するものだと初めから思っておくと、そんなものかと思えるかもしれません。「コミュニティデザイン」という言葉もありますね。場所があるだけではなく、そこにどんなコミュニティがあるか、そこが大切です。

ところで、コミュニティに価値を感じてもらえるということになれば、小規模なコワーキングスペースにもチャンスがある、ということにもなると思っています。コモンルーム中津にも、わざわざ電車で1時間ほどかけて通ってくれている利用者さんが何人もいらっしゃいます。スペースは余っていく将来、人口も減っていくなか、「良質な人のつながり」の拠点となるようなコワーキングスペースが支持され続けることを願っています。コモンルーム中津も、試行錯誤しながら日々精進したいと思っています。

 

↓尊敬する先輩コワーキングスペース運営者である深沢さんのブログです。

コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

コワーキングスペースとシェアオフィスの違い:まとめ

  • 両者に目で見分けられる空間(ハード面)での違いはない
  • コワーキングの価値とは、体験であり、人と人とのつながりである
  • コワーキングスペース運営者は、良質なコミュニティを創造していきたい

IMGP3255 のコピー

長文を読んで頂きまして、ありがとうございました。昨年までのアドベントカレンダーでは、以下の記事を書いています。良かったらついでに読んでみてください。

コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー、明日はhiroseさんです。よろしくお願いいたします!