みんなで食べよう、ひな祭り!

Category
スタッフブログ
28056772_1052823428191006_1579849666291512568_n

大阪市北区のコワーキングスペース×シェアオフィスのコモンルーム中津はビジター利用は90分500円から。今回のブログは小さいころにみなさん(特に女の子)がお祝いされたことのあるであろう「ひな祭り」がテーマです。知っているようで知らない日本の風習をご紹介します。参考になさってくださいね〜

みなさんこんにちは、高松です。
もうすぐ3月ですね。
3月といえば、女の子のお祭り、ひな祭りがやってきますね。
みなさんはひな祭り、なにかされますか?
ご実家にお住まいの方はおうちでひな人形を飾る習慣のある方もいらっしゃるとは思いますが、お一人で暮らされている方やお二人暮らしの方には少し縁遠いイベントかもしれません。
しかし、めげませんよ(笑)
今回は節分に引き続き、知っているとおもしろい日本の風習をお伝えします!

3月3日のひなまつりは桃の節句として女の子の健やかな成長を祈る日として知られていますよね。
さて、今回はひな祭りの中でも欠かせない、食事についてお伝えしましょう。
ひな祭りの日には、ちらし寿司とハマグリのお吸い物、菱餅とひなあられなんてすぐに浮かんでくるメニューですよね。
ひなあられは学校給食のときにも出てきていたので女きょうだいのいない方でもご存知かと思います。
これらひとつひとつにも昔の人ならではで、子どもへ対する思いが込められていたのです。

ちらし寿司

240_F_47101209_rzWoSljNVcNxeqF1Em7edzI6m1V5I2m0

まず、ちらし寿司です。
ひな祭りだから特別にというよりは、寿(ことぶき)を司(つかさ)どると書くことからお寿司はめでたい席にもってこいの料理ですよね。
そして、色んな具材が華やかに盛られているので見た目にも麗しいですね。
主な具材としてエビ、レンコン、豆(きぬさやなど)この3つはちらし寿司には必ず入っている具材ですが、これらにも意味があるのです。

エビ…エビは茹でると赤くなることからお祝いの場面にはなくてはならないものです。そして、茹でる事でエビが曲がることから、腰が曲がるまで元気でいられますようにという意味もあります。更に、エビは脱皮を繰り返して大きくなることから出世するようにとの願いが込められているとも言われています。
レンコン…レンコンは穴が開いていて、覗くことができるので、先の見通しがきくという意味で縁起のよい食材の一つに数えられています。
…健康にまめに働く、という語呂合わせから勤勉に物事に取り組めるようにとの意味が込められています。
菜の花や錦糸卵…春の彩としてや、赤(エビ)・白(レンコン)・豆(緑)の引き立て役として使われています。

ハマグリのお吸い物

240_F_185883709_vSEGNVan6vqNQaqPcLqeCait60GzfrKR

ハマグリは2枚貝として、大変有名です。
この貝はぴったりと合う貝はもとの対の貝しかないのです。
なので、一人の人と生涯仲良く連れ添えるようにとの意味合いが込められています。

菱餅

44ea6e0320e47f3676fcdbf24e21fcd7_t

雛人形のそばに飾られることも多く、なんとなく見たことのあるという方も多いかと思います。
ピンク・白・緑と色合いも春っぽくなっていますね。
これにも色合わせということだけでなく、きっちり意味があるのです!
まず色ですが、それぞれピンク(赤)は魔除け、白は純真、緑は健康という意味があります。
色の配置にも意味があり、「雪(白)の下に新芽(緑)が芽吹き、その上には梅(ピンク)が咲いている」という意味があるので、並び順を覚えるのにもわかりやすいですね。

ひなあられ

240_F_78736676_k0MnEaZ4mhAGrqW4YbWZ7T1sIdtguY6U

これは平安時代に雛人形に春の景色を見せてあげる、雛の国見せという貴族階級の娘たちの間で行われていた風習に持って行くお菓子として誕生したと言われています。
菱餅を砕いて、揚げたものが始まりとされていますが、今は関東と関西でひなあられも違います。
関西のひなあられはお餅を揚げた、始まりの形に近いもので、反対に関東はお米を膨らませたポン菓子にピンク・白・緑の砂糖コーティングしたものなのです。
以前のブログで紹介した松の内のように、関西・関東では少し違っているのですね。

白酒

240_F_188164431_foa2zNfXzM58065r15FE3OPAoY61ziUV

ひな祭りに飲む白い飲み物=甘酒という方も多くいらっしゃるかと思いますが、実は白酒≠甘酒なんです。
甘酒とはお米と麹を発酵させて作ったノンアルコールの飲み物です。
反対に、白酒とはアルコール度数9%ほどの白く濁ったお酒です。
一般的によく飲まれるビールはアルコール度数5%くらいですので、ビールよりは少しアルコール度数の高いお酒なのです。
江戸時代より前は桃花酒というお酒が飲まれていたのですが、昔、大蛇をお腹に宿してしまった女の人が3月3日に白酒を飲むと流産すると言われていたそうです。
そのことからお母さんのお腹に悪い子が宿らないようにと願いを込めて白酒を飲むようになったそうです。
白酒は現在の法律では一般家庭での醸造が禁止されていますが、甘酒は簡単に作ることができるので、見た目が似ている分、混同されることの多い飲み物となりました。

 

知っていると面白い日本の風習の2弾としてひな祭りメニュー5つの意味を紹介させていただきました。
またどこかの機会に日本の風習をお伝えさせていただきますね。
さて、今年のひな祭りはちょうど土曜日です。
お家でぜひひな祭りパーティーをして見ませんか?
一人ではちょっと…という方、コモンルーム中津はお持ち込みいただいたお食事を召し上がっていただけるので来る途中に調達して、仕事の合間に季節を感じるなんてのも乙ですね。
意味を知って、用意をすると少し楽しくなりますよー!
ぜひ、素敵なひな祭りをお過ごしください♡