なせばなる!大人の塗り絵をリアルに塗ってみよう! 大人の塗り絵@コモンルーム中津よりまたまた番外編

Category
スタッフブログ
crayons-623067_1920-400x270-MM-100

大阪市北区のコワーキングスペース×シェアオフィスのコモンルーム中津はビジター利用は90分500円から。今回は【大人の塗り絵@コモンルーム中津だより】シリーズ第3弾にて紹介されていた塗り方を参考に実際塗ってみました。うまく塗れたらテンションも上がる!ということで、まだまだ発展途上ですがどうぞ最後までお付き合いください。大人の塗り絵、奥が深いです。ぜひみなさんの参考になれば幸いです♫

みなさん、こんにちは高松です。
さぁ、お待ちかね、塗り絵のお時間です!
コモンルーム中津、美術部開催しますよ〜♡

とある日の朝、出勤してみるとこんなメッセージが
DSCN0793
「ブログ書いたから、あとは頼んだ☆」
と言わんばかりにうさぎさんがにっこり微笑んでいらっしゃいました!
やってきました、宿題ですね。
とりあえずこちらのブログを隅から隅まで読みまして・・・
事前にもらっていた瀧本うさ吉くんをじっくり観察!
お手本-1
うぅ・・・色んな色があって何から塗っていいのやら・・・
やっぱり、これは茶色というよりウサギ色です。うさ吉、目の周り白かったりで茶色じゃないですもん…
「塗り絵は薄い色から重ねて塗ったら大丈夫」の言葉を信じ、肌色から塗っていくことにしました。
だって、いちばんごまかしの効きそうな色じゃないですか!?
肌色→黄土色→赤茶色→茶色→こげ茶色の順で重ねて塗っていき、結果、こんな感じに!
DSCN0846
「うーん・・なんか焦げてる!?うさ吉が日焼けして色黒になってしまった」こぼしたところ、「子供の頃のうさ吉は黄土色で本当にピーターラビットみたいな色だったけど、大人になったら濃い色の毛も混ざってるからこんな感じの色になってるよ」とのお言葉が!
前回、迷ってわからないから塗るのやーめた!と放棄したうさぎに色がつきました!
ちなみに参考にした画像は師匠・瀧本と同じこちらの画像です。
29134148_444500129297590_243437852_n USAGI0I9A6075_TP_V-free
塗る人が違うとこんなにも違うものなのですね。
↓こういう色にしたかったんですけど、日焼けしました♡
DSCN0774
さて、その後は帽子へと塗り進めていきましたが、もう一つ、立体的に塗るということが壊滅的にできない私です。
リボンは光が当たっているイラストを目にする機会が多いのでまだなんとかなりましたが、タマゴはさすがに見ないですよね。
ということで仕方ありません、現地調査に赴きました!(←ただ行きたかっただけ。)
35102785_1116029711870377_2913319408283680768_n
USJで開催されていた、イースターイベント(3/1〜6/24)でイースターエッグのお手本をゲットしました♡
うーん、なんとなくわかるけど、いまいちわかりにくいので、こちら。(←ただ食べたかっただけ。)
35145963_1116029975203684_417823584015089664_n
USJのイースター限定サラダにはうずらのタマゴが乗っていてちょうどわかりやすかったのでこちらもお手本に♡
カラーリングはセサミストリートの仲間たちの衣装のカラーリングを参考にしました!
35126889_1116034521869896_6436238535799341056_n29573160_1073919236081425_165878345047617504_n35634170_1122396667900348_7680135148611829760_n
とっても春らしい色合いですよね。
タマゴが2種類あったので、少し色味を変えて塗って見ました。
DSCN0889 DSCN0888
前回よりは成長していると思うのですが、ちょっと足りないというか、なんというか。
でも練習あるのみですよね。
花は前回の塗り方で及第点をもらえているようなので(多分)、今回はその雰囲気で塗ってみました。
DSCN0957
さて残るはうさぎの白い毛の部分です。
はいめっちゃ苦手です。影。
白い部分の影はなんとも難しい。
次回のブログで明暗については詳しく説明があるようですが、それでは私のうさぎが間に合わないので師匠にアドバイスを求めました!
DSCN0956
なるほど、要は頑張れってことですね。
さらっとうさぎのイラストが描けるあたりに実力差をひしひしと感じますね♫
しかし、近くにある物の色を少し加えるとリアルになるというのは目からウロコでした!
気合いです。
…気合いって難しいですね。
という訳で、完成しました!
36223911_1127677357372279_7844964444265250816_n

この塗り絵、じつは約4週間ほどかかりました(笑)
リアルに塗るとかなりの集中力も必要です。
今日はこの部分など決めて少しづつ塗り進めて行った結果、かなりの日数がかかりましたが、自分史上いちばんリアルでした。
何せ、寝ているカピバラを写生していたら美術の先生に「え、カピバラ死んでるやん!?」と言わせた実力の持ち主です。
もっと早く(中学の時)にこんな風に塗れていたら、入賞も夢じゃなかったかもしれません。(←多分無理。)
そこからの進歩と考えるとかなり成長したと思います。

スタッフ瀧本が連載していた、塗り絵ブログと私が書いた番外編を読んでくださったみなさまいかがでしたか?
この完成した塗り絵、実はまだ師匠に見せていないんです。
前回の③の中には光の入ったものを塗るというところが詳しく紹介されていませんでしたよね。
次回は私が塗った絵を使ってこうしたらもっとよくなるなんてことを交えながらみなさんに詳しくお伝えできればと思っています!
さぁ、今回の塗り絵が師匠の中でうまくいったのか否か、次回のブログをお楽しみに♫