それでもなお、良いコミュニティのある場でありたい

Category
スタッフブログ

大阪市北区の【コモンルーム中津】は、コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスから、要望に合わせた使い方を選べる協働オフィスです。代表の寺西が、コワーキングスペースについて書きました。

コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー Advent Calendar 2018に参加しています。仙台のコワーキングスペース『ノラヤ』の宗形さんの『ノラヤにテントを復活させたわけからバトンを受け取りました。

コワーキングスペースが増えてきた!

コモンルーム中津は、おかげ様で9月に5周年を迎えることができました。
総勢50名以上が集まって、コワーキングスペースに回転ずしを廻しました。
【レポート】コモンルーム中津~5周年記念パーティー~

さて、コワーキングスペースやシェアオフィス、ずいぶん増えましたね。改めて、どんなスペースにしていきたいのかなど、振り返ってみたいと思います。コモンルーム中津は、当初は【2F:コワーキングスペース】と【3F:シェアオフィス】の2フロアでオープンしました。リラックスして仕事等が捗る空間、日常的にほっこり過ごせるスペースにしたかったので、家のように靴を脱いで、無垢フローリングなど木材を使った内装になっています。

2F_MG_9989-Edit gy

利用者さんは個人事業主やフリーランスからエンジニア、士業や会社員(副業、大阪支社、自習…)など、幅広い業種にわたります。シェアスペースが増えるなか、居心地の良い場であるためには、『コミュニティ』が大切だと言われています。どんなコミュニティにしたいか、私なりに運営で考えているのは↓このようなことです。

  • 利用者同士がフラットな関係性であること。
  • 人と人との出会いにより、世界観が拡がること。
  • 気の合う仲間と出会える場所。

意外に、コモンルーム中津の月メンバーさんは、自称:人見知りだと仰る人が多いです。でも、人と交流するのは好きだからワーキングスペースに来られているはずなので、人付き合いを大切にしたかったり、繊細な感性の方が多いように感じます。

コワーキングスペースには、『コミュニティ』があるがゆえに、運営していくなかで大変だと感じることもあります。利用者さん同士の要望を調整したり、気に入って頂いているあまり、厳しい意見を頂戴したりすることも、笑。

それでもなお、良いコミュニティのある場にしていきたいと思うんです。
たくさんのシェアスペースができるなか、コモンルーム中津を選んで頂いているのは、集まる人たちのコミュニティが居心地良いからだと、何人ものメンバーさんに言ってもらいます。

大変な時に、ちょっとがんばってみようという元気が出ることも、コワーキングスペースの良いところの1つだと思っています。周りの皆さんが、それぞれ目標を持って、楽しみながら取り組んでいる姿を見ると、私自身も励まされてきました。
(ちょうど今朝、チャレンジを続けてきた試験に合格できていたことが分かりました。メンバーさんにお祝いして頂いて、幸せ者です。)

IMG_7222

どんなコワーキングスペースが良いのか、いつも考えるのですが、『みんな違って、みんな良い』だという結論に至っています。それぞれの人の性格や個性が異なるように、色々なスペース・コミュニティがあって、自分に合った場を選べたら良いなと思います。

1つご紹介を。
シェアリングエコノミーに愛はあるか
偶然読んだブログでしたが、たまたまコモンルーム中津をドロップイン利用してくれたことのある人が書かれた記事でした。
運営者のコミュニティに対するあたたかい想いは、そこに来る人に必ず伝わるものだと思います。大手のシェアスペースも次々にオープンしていますが、マイペースに自分のスペースのコミュニティを大切にしていけたら良いのかなと思う今日この頃です。

コワーキングスペースが気になっている多くの人に、ぜひ色々なスペースをドロップイン利用(一時利用)したり、イベントに参加したりして、自分に合ったスペースを選んで欲しいですね。

コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー、明日はKayo Kitohさんです。よろしくお願いいたします!